海外の縫製現場から見た日本のパターンと仕様書について 第14回

第14回 総括

  • 新聞掲載

第14回 最終回~総括~

中国上海:パターン・縫製工場 DEPICTION-ONE 中村祐輔様

今回でこの連載は最終回となります。

これまで様々な国内企業と海外工場との縫製仕様書やパターンデータに関するトラブル事例や回避策をご紹介してきました。

縫製仕様書は、分かりやすい図解を入れる、使用する単語を統一する、寸法表の採寸箇所は細かく指示する、色指示は品番を使う。

パターンは、修正指示は細かく出す、必要なパーツを全て揃える、文字は大きく書く。

国内と同じ縫製仕様書やパターンを海外で使うと間違いや品質低下の可能性があります。

どのような縫製仕様書/パターンを送ればいいのか工場とよく相談することが必要です。日本の常識は海外では通用しないことが多数あることを頭にいれて海外生産を成功させてください。

■今回お話を伺った中村様の会社

DEPICTION-ONE CO.,LTD SHANGHAI Office

〒201103

上海市万源路2163号A栋801室

中村 祐輔

Yusuke Nakamura

8F,UNIT A,NO.2163,WANYUAN ROAD SHANGHAI,201103,CHINA

縫製仕様書は見た目だけで満足? 情報のフル活用でワンランク上の業務改革