オペレーション動画:パターンマジックⅡ vol.1

  

お客様からのお問い合わせが多い機能をピックアップしました。
解決の決め手となった機能の操作方法を動画で紹介いたします。操作手順とあわせてご覧下さい。

線種変更

  • 「移動・展開」の「移動 (M)」をクリックします。
  • 「表示」の「図形プロパティ」をクリックします。
  • 変更したい線をクリックします。
  • ペン種類を変更します。
  • 線幅を変更します。
  • 線種を変更します。
  • キャンバスの余白をクリックし選択を解除します。

パーツ塗りつぶし色

  • 「移動・展開」の「移動 (M)」をクリックします。
  • 「表示」の「図形プロパティ」をクリックします。
  • 変更したい線をクリックします。
  • ペン種類を変更します。
  • 線幅を変更します。
  • 線種を変更します。
  • キャンバスの余白をクリックし選択を解除します。

パーツ内部線の線種変更

パーツ塗りつぶし色の続きです。

  • 「パーツ内モード」をクリックしONにします。
  • 内部線をクリックします。
  • ペン種類を変更します。
  • 線幅を変更します。
  • 線種を変更します。
  • キャンバスの余白をクリックし選択を解除します。
  • 「パーツ内モード」をクリックしOFFにします。

コメントサイズ一括変更

  • 「仕上げ・チェック」の「図形チェック([)」をクリックします。
  • パラメーターパネルの「すべて」と「すべて選択」をクリックします。
  • 確認したいパーツをクリックします。
  • 検索結果の「文字」をクリックします。
  • 「表示」の「図形プロパティ」をクリックします。
  • フォントを変更します。
  • 文字サイズを入力します。
  • キャンバスの余白をクリックし選択を解除します。

パーツ内にある文字の修正

コメントサイズ変更の続きです。

  • 「移動・展開」の「移動(M)」をクリックします。
  • 「表示」の「図形プロパティ」をクリックします。
  • 「パーツ内モード」をクリックしてONにします。
  • 修正したい文字をクリックします。
  • 図形プロパティの「文字」の部分を修正します。
  • キャンバスの余白をクリックし選択を解除します。
  • 「パーツ内モード」をクリックしOFFにします。

端点表示

表示モードバーの中にある「端点表示(Q)」をクリックすると、線の切れているところに○が付きます。

四角形の角が赤い時はONで、グレーの時はOFFです。

パーツ情報の設定

  • 「仕上げ・チェック」の「パーツ情報」をクリックします。
  • パラメーターパネルの「表示設定」をクリックします。
  • プレビューを確認しながらレイアウトを決めます。
    • 表示項目を増やしたい場合は、表示したい項目の「順番[行,列]」の四角にチェックを入れます。
    • 表示項目を改行したい場合は、改行したい項目の「改行」の四角にチェックを入れます。
    • 並び順を変更したい場合は、順番を変更したい項目をクリックし青くしてから、「並び順」の上下のボタンを押し変更します。
    • 修飾文字を変更、入力したい場合は、修飾文字を変更、入力したい項目の「修飾文字[前]」「修飾文字[後]」に文字を入力します。
  • OKをクリックして確定します。

パーツ化できない(ノブが交差)

「パーツ化」を選択している状態からスタートします。

  • 「パーツ化」時にエラーが出たら、エラーメッセージをダブルクリックして、エラー内容を確認します。
  • 「修正・カット」の「ノブ・ノード(A)」をクリックします。
  • パラメーターパネルでサブメニュー「変形」が選択されていることを確認します。
  • エラーで赤くなっていた線をクリックし、ノブとノードを表示させます。
  • 曲線の形状をキープするためにCtrlキーを押しながら、ノブを短くし、ノブの交差を解消します。
  • 余白をクリックして選択を解除します。
  • 「仕上げ・チェック」の「パーツ化(P)」をクリックします。
  • パラメーターパネルの方法の中の「自動」にチェックを入れます。
  • パーツ化したい図をドラッグで囲んでEnterを押し、パーツ化したい図の外周線がピンク色になっていることを確認してから、もう1度Enterを押します。

パーツ化できない(ノブの向き)

「パーツ化」を選択している状態からスタートします。

  • 「パーツ化」時にエラーが出たら、エラーメッセージをダブルクリックして、エラー内容を確認します。
  • 「修正・カット」の「ノブ・ノード(A)」をクリックします。
  • パラメーターパネルでサブメニュー「変形」が選択されていることを確認します。
  • エラーで赤くなっていた線をクリックし、ノブとノードを表示させます。
  • ノブの位置を修正します。
  • 余白をクリックして選択を解除します。
  • 「仕上げ・チェック」の「パーツ化(P)」をクリックします。
  • パラメーターパネルの方法の中の「自動」にチェックを入れます。
  • パーツ化したい図をドラッグで囲んでEnterを押し、パーツ化したい図の外周線がピンク色になっていることを確認してから、もう1度Enterを押します。

パーツ化できない(ノードとノブが重なっている)

「パーツ化」を選択している状態からスタートします。

  • 「パーツ化」時にエラーが出たら、エラーメッセージをダブルクリックして、エラー内容を確認します。
  • 「修正・カット」の「ノブ・ノード(A)」をクリックします。
  • パラメーターパネルでサブメニュー「変形」が選択されていることを確認します。
  • エラーで赤くなっていた線をクリックし、ノブとノードを表示させます。
  • ノブの位置を修正します。
  • 余白をクリックして選択を解除します。
  • 「仕上げ・チェック」の「パーツ化(P)」をクリックします。
  • パラメーターパネルの方法の中の「自動」にチェックを入れます。
  • パーツ化したい図をドラッグで囲んでEnterを押し、パーツ化したい図の外周線がピンク色になっていることを確認してから、もう1度Enterを押します。

パーツ化できない(ノブが半回転)

「パーツ化」を選択している状態からスタートします。

  • 「パーツ化」時にエラーが出たら、エラーメッセージをダブルクリックして、エラー内容を確認します。
  • 「修正・カット」の「ノブ・ノード(A)」をクリックします。
  • パラメーターパネルでサブメニュー「変形」が選択されていることを確認します。
  • エラーで赤くなっていた線をクリックし、ノブとノードを表示させます。
  • 曲線の形状がなるべく変わらないように半回転しているノブの前後に、CtrlキーとALTキーを押しながら、ノードを追加したい線上1箇所ずつをクリックします。
  • ノブが反転しているノードをクリックして赤くしたら、Deleteキーを押します。
  • 余白をクリックして選択を解除します。
  • 線をクリックしノブノードを出します。
  • 線をノブを使って整えます。
  • 余白をクリックして選択を解除します。
  • 「仕上げ・チェック」の「パーツ化(P)」をクリックします。
  • パラメーターパネルの方法の中の「自動」にチェックを入れます。
  • パーツ化したい図をドラッグで囲んでEnterを押し、パーツ化したい図の外周線がピンク色になっていることを確認してから、もう1度Enterを押します。

操作・トラブルに関するお問い合わせ

電話でお問い合わせ

東京 03-6327-700203-6327-7002
大阪 06-6253-590106-6253-5901

受付時間 9:00〜12:00、13:00〜17:00
(土日・祝日・当社指定休業日を除く)

Webでお問い合わせ

土日・祝日、または、電話受付時間外にいただいた、Webでのお問い合わせにつきましては、翌営業日以後に順次対応させていただきます。あらかじめご了承ください。