着装タイムアタック!~ラグラン・スリーブ編~

  • コラム

今回お届けするのは、着装してみた!タイムアタック~ラグラン・スリーブ編~です。

このようなデザインを3Dにするには、何分かかるの?どんなコツがあるの?というのをご紹介していきます!

snapshot85_colum.png

ドルマン系.png

1.デジタルトワルができるまで

こんな感じで操作していきました!所要時間は約18分でした!

ラグランスリーブ1.png

2.着装のコツ

  • 袖の配置
  • 袖の着装順序

袖の配置

ラグランスリーブのような、ネックラインから袖下にかけて切り替えのあるパーツは、どこに配置するのか悩まれるかと思います。

「配置」の基本的なコツは、「着装したときに落ち着く位置に配置する」ですが、
このパーツを落ち着く位置に配置しようとすると、配置エリアからはみ出してエラー表示が出てしまいます。

そんなときは、配置モードを「平面」にして配置してみてください。

ラグランスリーブ2.png

このような配置方法は、ドルマンスリーブでも応用できます。
身頃と一体化したパーツは、身頃側に「平面」で配置してみてください。

袖の縫合順序

袖の配置によっては、ボディの腕に上手く着装できないことがあります。
そんなときに、使える縫合方法です。

ラグランスリーブ3.png

  1. 袖下の縫合情報の設定を外す
  2. 腕の角度を「初期状態」にして、縫合処理をかける
  3. 袖のパーツが腕にかかったら、縫合を停止し「線情報」へ
  4. 線情報で袖下の縫合情報をつける
  5. PMプリフォームに入り、表示されるメッセージで必ず「いいえ」を押す
  6. 縫合処理をかける

このような縫合処理も、ドルマンスリーブで応用できます。

3.まとめ

  • 配置モード「立体」でうまく配置できない場合は「平面」を使用

詳しい手順を紹介している動画も、ぜひチェックしてみてください!

PATTERN MAGIC II3D 資料ダウンロード