着装タイムアタック!~フード編~

  • コラム

今回お届けするのは、着装してみた!タイムアタック~フード編~です。

このようなデザインを3Dにするには、何分かかるの?
どんなコツがあるの?というのをご紹介していきます!

snapshot86_colum.png

3D_WTR18AW-BZ02(TW125).png

「デジタルトワル(R)」ができるまで

こんな感じで操作していきました!所要時間は約19分でした!

timeattack.png

着装のコツ

  1. フードの配置
  2. フードの着脱

1.フードの配置

フードは、「頭」の配置エリアにパーツを置いていきます。

工業用ボディでは、初期状態で頭の配置エリアが表示されていないので、3D画面下の「頭」のアイコンを押します。

着脱させたい場合でも、配置の時はフードを被った時に落ち着く位置に配置します。

フード_配置.png
フード_配置_icon.png

パーツが大きいとエラーが出ることがあります。
全身ボディを使用しているときは、「頭」の配置エリアを調整したい時は、「全体」で調整してみてください。
それでも上手く配置できない場合や、工業用ボディを使用する場合は、配置モードを「平面」にして配置してみてください。

2.フードの着脱

フードのあるアイテムを着装させるとき、どうやってフードを下ろすのか?とお困りの方がいらっしゃるのではないでしょうか? そんな時は、ぜひ「引っ張り」機能を利用してみてください。
以下の手順で簡単にフードを下ろした着装をすることが出来ます!

3Dco_yattemita_Hippari.png

①PMプリフォームの「引っ張り」で後頭部のパターンを下におろすように設定

②縫合処理を開始

③フードが脱げたら縫合処理を停止し、
「引っ張り」の設定を削除

④再度縫合処理をかける

3Dco_yattemita_Hippari2.png


引っ張りを操作するときは、「マニピュレーター」にチェックを入れるのがおすすめです。
3D上の位置を指定しやすくなりますよ!

詳しい手順を紹介している動画も、ぜひチェックしてみてください!

PATTERN MAGIC II3D 資料ダウンロード