PCスペックでどのくらい違う?シミュレーション時間を測定してみた

  • コラム

こんにちは!
今回お届けするのは、PCによってシミュレーション速度がどのくらい違うのか?計測してみた!
という企画です。

3Dを使うとなると、高いPCの方が良いの、、?
とお悩みの方!ぜひご覧ください!

3DSpec_thumbnail_youtube.png

CREACOMPOII PATTERN MAGIC II 3Dの処理速度について

CREACOMPOII PATTERN MAGIC II 3Dの処理速度について Ver.6.2現在において、シミュレーション処理速度は「クロック数」に大きく関係しています。
クロック数は「ヘルツ(Hz)」で表わされ、この値が大きいほど処理速度が速くなります。

ちなみに東レACSが推奨しているPCスペックは こちら

もちろん、メモリ使用量なども関係してきますが、細かいことは割愛します!

どのくらい違うのか計測してみた

クロック数で、処理速度はどのくらい変わるんだろう?(本当に違うの?)
ということで、クロック数の異なる3台のPCを使用して、処理速度の計測を行いました!

使用したのは、次の3台です!

ID 内容 クロック数
A 東レACS推奨スペック相当 2.4GHz
B スペック高 3.6GHz
C スペック低 1.6GHz

測定方法

  • PMプリフォームの「縫合処理」を押した瞬間から、「縫合が完了しました」のメッセージが出るまでの時間を計測する
  • 使用するのは両身で着せ付けたフリルのワンピースデータ

3Dcolumn_OP.png

結果は?

順位 ID 処理時間
1位 B:スペック高 5分20秒
2位 A:東レACS推奨スペック 14分59秒
3位 C:スペック低 1時間7分7秒

予想通りの順位でしたが、想像以上に速度が違いました! 正直驚きです、、、!

CのPCは社員の私物PCなんですが、本当、、ちょっと悲しい結果ですね。
メモリが少なかったのかな、、

ということで!クロック数は処理速度に大きく関わっていることをお伝えできたのではないかと思います。

PCのお値段と、3D作成の所要時間とのバランスを見ながら、最適なものをお選びいただければ嬉しいです!
それでは、また次回お会いしましょう~!