第十七章 フェミニンブラウスのパターンとデジタルトワルチェック

フラット・パターンメーキングとデジタルトワルチェック vol.17 著:関川 政春

  • コラム

既製服のパターンメーキングに使用するスローパーは、工業用ボディからドレーピングで作成する方法が一般的ですが今回は、敢えて「デジタルボディを平面展開する3Dメニュー」から作成する方法をご紹介し、袖山と袖口にキャザーをあしらったフェミニンブラウスのパターン展開とデジタルトワルチェックを解説します。それでは、始めましょう。

第十七章 フェミニンブラウスのパターンとデジタルトワルチェック

1.ACS_レディース(セットイン)ボディを平面パターンに展開する

【図1】①デフォルトで設定されている3Dボデイの面分割(12面)を確認し、3Dメニュー[ボデイのパターン展開]で②12パーツに平面展開し、③前後身頃パーツに統合する。

2.プリンセスラインスローパーに加工する

【図2】①肩ダーツ位置を脇側へ移動(NPから60.5mm)し、プリンセスダーツ、補助ダーツにパターン整理する。②プリンセスラインスローパーに4面分割する。
③ボデイへのフィット状態(ゆるみ無し)をトワルチェックする。

3.ブラウススローパーを作成する

【図3】①4面のプリンセス・スローパーを■印位置で、それぞれ突合せ後身頃と前身頃に統合し、赤丸印を回転中心に脇線が垂直になるまで開く。
②身幅のフィット感などをトワルチェックする。
③肩ダーツ、ウエストダーツ、袖ぐり線などをパターン整理し袖スローパーを加えてブラウススローパーとする。
④袖の振り、据わりをトワルチェックする。

【図3】

4.ヨークに分割し、袖ぐりのカマ幅を出す

【図4】①肩ダーツの赤丸印を回転中心にたたみ後ヨーク(赤線)を背中心80mm、前ヨークを35mmと25mm幅で分割する。②前後ヨークを切り離し肩線で統合する。③身幅の展開線を第一、第三ノッチから垂直線でひく。④身幅展開線を図の寸法で平行に開きカマ幅を出す。

【図4】

5.肩ダーツを移動し、タック3本に分割する

【図5】①身頃の肩ダーツ位置を前中心側へ15mm平行移動(赤線)し、②ダーツ先をBPに移動する。③移動したダーツ線に25mm平行な切り開き線(赤線)を左右にひきメニュー[展開・分散]間口14mmで、④赤丸印回転中心で間口に開き、⑤3本タックとする。⑥後中心線に50mm平行なギャザー分を出す。
⑦ヨークと前後身頃袖ぐり線、裾線を引き直す(赤線)。

【図5】

6.袖ぐり線のゆるみ入れに対応した袖山線を作る

【図6】①袖山線から袖口へ線1~2を垂線でひき、線3を凹線でひく。身頃で開いた数値に基づき、線1、線2、線3を平行に開く。②袖からカフス丈50mmを分離し、パフリ分を袖口線丈方向に10~20mm加える。丈50mm幅220mm+持出し(30mm)のカフスをひく。

7.完成した身頃と袖のトワルチェックをする

【図7】①パターンで袖ぐり線と袖の目のマッチングを確認後②3Dメニュー[PMプリフォーム]で、ボディに固定処理する。
③トワルを組み立て後身頃のギャザー、前ヨークのタック分量や袖の振りなどをチェックする。

8.オープンカラーをスケッチから作成する

【図8】①前身頃にヨークパーツを突き合わせ、サイドネックポイントで10mmくり下げる(赤線)。襟外回り線をひく。前中心線に持出し25mmを付けa点とb点をむすび返り線とする。②反転した前中心線から上襟線をスケッチする。xを襟付け寸法、yを襟外回り寸法とする。③襟付け寸法x、襟外回り寸法ⓨをそれぞれ半径に円弧を描く。外接する線をひき、上襟(赤線)を完成させる。
④トワルに組み立てオープンカラーを確認する。

9.ボタンを作成する

【図9】ボタンを前中心に18mm×4個、カフスに15mm×1個付ける。

10.トワルチェックする

【図10】ACS_レディース(セットイン)とHuman Bodyに着せ付ける。

11.袖山、袖口にギャザーを加えた袖に修正する

【図11】①図7で作成した袖パターンを用意し、前後袖幅線を3等分した展開線をひく。袖幅線から上に40mm、60mmの平行線から下に20mmの凸線(赤線)をそれぞれひく。②袖を3パーツに分割し③中央パーツに上下パーツを赤線に突き合わせ袖山線と袖口線にギャザー分を開く。
④図7袖ギャザー修正前と修正後のトワルを比較する。

12.完成したギャザー袖ブラウスをトワルチェックする

【図12】①完成したパターンを縫合設定する。
②ACS_レディース(セットイン)ボディにトワル不透明度60%で、ブラウスは半身、スカートは全身パーツを着せ付けて、ボディへのフィッティング状態を確認後③トワル不透明度100%で最終シミュレーションをする。

関川 政春(セキカワ マサハル)

2002年~2017年 国際トータルファッション専門学校 校長

現在は校長を退任し、同校の非常勤講師としてアパレルCAD教育に携わる

2017年6月にデジタルトワル研究についての書籍出版と同時にウェブサイトを公開

※下記参照

活動

ファッションビジネス学会全国大会(2016年開催)で、3Dトワルを活用した「婦人テーラードジャケットのパターン&3Dシミュレーション検証」を発表

2017年11月25日開催のファッションビジネス学会全国大会において、デジタルトワルの活用事例を発表

ウェブサイト http://masa-cad.com/
出版書籍 Pattern Magic & Digital Toile Lesson レディーステーラードジャケット編 【電子書籍】

3Dバーチャルフィッティングソフト
パターンマジック®Ⅱ3D