海外の縫製現場から見た日本のパターンと仕様書について 第3回

第3回 仕様書は用語より縫製図解でわかりやすく(その3)

  • コラム

第3回 仕様書は用語より縫製図解でわかりやすく(その3)

中国上海:企画・縫製工場 DEPICTION-ONE 中村祐輔様

図解例を3つご紹介します。

図1は"紐を結んだ時に紐先が下に向くようにしてほしい"というお客様の要望に対して、言葉で説明するには無理があったため、紐を赤い矢印に置き換えて説明しました。

【図1】紐の通し方を矢印に置き換えて説明する

図2は"前身頃のリボンが身頃から裁ち出しになっている"というデザインについて縫い方を説明しています。通常パターンの形状を見れば分かるものも多いが、複雑なものになってくるとやはり図を入れるのがベストです。

【図2】裁ち出しリボンの縫い方を図解する

図3は右前裾に穴を作っておいて、そこに左裾を通してクロスさせるというデザインです。このデザインを説明するのは日本語でも伝わりにくいです。これを図解無しで中国語に置き換えて理解してもらうのは至難の業です。これは手順を三つに分け、順番に説明しています。

【図3】ねじりの入ったデザインを図解する

あくまで仕様書を見るのは外国人です。中国に限らず今後第三国で生産する場合にも通用しますし、「サイフォームマジック(東レACS縫製仕様書システム)」が絵を作りためていくのが便利なようになっていますので是非とも絵を蓄積して、たくさん仕様書に貼りつけて頂ければと思います。

■今回お話を伺った中村様の会社

DEPICTION-ONE CO.,LTD SHANGHAI Office

上海市闵行区万源路2163号

新桥商务中心 A栋801室

縫製仕様書は見た目だけで満足? 情報のフル活用でワンランク上の業務改革