お知らせ


【読みもの】実践!レディース・パターン教室12(カーブドラペルの作図)(著:菊地 正哲)~アパレル工業新聞コラボ企画~

「読みもの」コンテンツに、アパレル工業新聞コラボ企画「実践!レディース・パターン教室12(カーブドラペルの作図)著:菊地 正哲」を掲載しました。
アパレル工業新聞で連載中、日本モデリスト協会運営委員の菊地様の記事を弊社Webサイトで掲載しています。
本コンテンツでは弊社アパレルCADソフト「クレアコンポⅡ」を使ったパターンメイキングや3Dシミュレーションを動画や画像で併せてご覧いただけます。

↓↓↓今回の記事を一部ご紹介↓↓↓

テーラード・ジャケットのラペルが折り返ることで現れる胸元の深い襟明き。この三角地帯をVゾーンと呼んでいますが、男がおしゃれをするときの要になるのがこのVゾーンです。男はジャケットを着るとき、Vゾーンをシャツの襟やネクタイで飾って個性を表現するのです。一方、レディスのジャケットにおいては、Vゾーンの表現の仕方もいろいろあるようです。例えば、より女性らしさを表現するためにラペルの折り返りを直線ではなく緩やかなカーブにすることで、固い感じのVゾーンを柔らかな印象にすることがあります。それが今回のテーマの「カーブド・ラペル」です。Vゾーンが湾曲することで胸元が広く明き、豊胸に見える...?かどうかは別として、ともすると戦闘服になりがちなテーラード・ジャケットにちょっとだけ女の色気を加えることができるのです。そんな素敵な「カーブド・ラペル」のパターンメーキングをいくつか紹介します。

もっと読む >>

column_kikuchi_12-1.jpg column_kikuchi_12-2.jpg column_kikuchi_12-3.jpg