東レACS Web展示会

東レACSが開催するWeb展示会にご来場いただきありがとうございます。
2019年2月に開催された大阪ミシンショーでは、クレアコンポⅡ・パターンマジックⅡ3D・サイフォームマジック・オーダーソリューションをメインに展示いたしました。
Web展示会では、その中からパターンマジックⅡ3Dとオーダーソリューションを紹介いたします。

- TorayACS FutureVision -

パターンマジック2 3D

アパレル設計工程で使える3Dバーチャルフィッティングソフト

東レACSでは、3Dをトワル作成の効率化や品質の向上など、業務に役立つツールとして活用していただくために、
アパレル業務に有用な機能を選定し、誰にでも使いやすい3Dを提供しています。

誰でもすぐに使える!

パターンマジックⅡ3Dは、専門的な知識や技術が必要なく、1日で習得が可能です。

右図のブルゾンは約10分で作成できます。

また、「オペレーターによって出来上がりの形が異なる」という3Dソフトによくある問題を解決しました。

少ないステップで、誰が操作しても、実トワルに近いデジタルトワルを作成できます。

では実際、どのように作成するか動画で見てみましょう。

まずはパターンに線情報を設定します。

今回は脇線と肩線の線情報を設定します。縫合する線同士をクリックするだけです。

線情報の設定が終わったら、デジタルボディにパターンを配置していきます。重ね順を設定できるので、ポケットや重ね着も表現が可能です。

最後にシミュレーションを開始して形を整えます。

色や柄を設定し、よりイメージを掴むこともできます。

実用的な機能を搭載!

現場では半身だけでトワルチェックをすることが多いのではないでしょうか?

パターンマジックⅡ3Dでは半身パターンを着せ付けるだけで、「両身頃」の確認が可能です。

時間がかかってしまうトワルの修正や確認も、デジタルトワルなら簡単です。

2D上のパターンの修正をすぐに3Dに反映することができます。着せ付けに時間がかからないので、何度でもトワルを修正することが可能です。

東レACSでは標準ボディを多数ご用意しておりますのですぐにお使いいただけます。

*2019年3月よりキイヤのこども用ボディがダウンロードできるようになりました。

現在パターンマジックⅡ3Dは、最新技術とアパレルの設計データをつなぐために、様々な取り組みを行なっています。

今後はアルバノンとの連携、3DCGソフトとのデータ互換の拡張を予定しています。

これからのパターンマジックⅡ3Dにぜひご期待ください。

パターンマジックⅡ3D 情報はこちら

オーダーシステム

アパレルオーダー事業を『短期スタート』『業務効率アップ』させる
東レACSのオーダーソリューション

東レACSでは、オーダービジネスのシステムを40年前からご提供してまいりました。

そして、次世代のオーダービジネスの課題に対応できるように、新しいIT技術を取り入れました。

また、お客様の課題に対して、最適な解決方法をご提案できるように強化したのが、東レACSのオーダーソリューションです。

効率アップ・納期短縮

一般的なオーダーの工程は、受注があると、基本パターンの選択・パーツの選別・寸法補正・マーキング・仕様書作成などの作業が必要になります。

1件1件の受注内容は異なりますので、手作業や一般的なCAD環境で、この作業をこなすのは労力がかかります。

今回のソリューションのメインシステムであるクレアコンポⅡMFは、これらの作業を自動化できるシステムです。

このシステムはオペレーションの負担が少なく、オペレーターは受注情報を入力するだけです。ここから自動処理され、体型補正された型紙と、生地区分毎の型紙配置が出力されます。

型紙作成から型紙配置まで、わずか1分、長くて3分程度で自動処理されます。

また、サイフォームマジックも併せて利用すると、仕様書・工程伝票・納品書なども連携して作成できます。

新規立ち上げ

オーダーソリューションをご提案させてただく場合、まずはお客様の要望、課題などをヒアリングします。

次に、ヒアリング内容からお客様に最適なシステムや環境をご提案します。

その後、仕様決定・開発で型紙のバリエーションや、体型・姿勢に関する補正のノウハウなどをシステムに組み込みます。

このオーダーソリューションでは、東レACSのグレーディングシステムの計算式方式を活用した補正ルールをご用意しました。

オーダー事業に新規参入されるなどで、補正のノウハウをお持ちでないお客様には、安心してご利用いただけ、スムーズに準備を進められます。

商品力の強化

東レACSのオーダーソリューションは、紳士服スーツだけでなく、シャツ、婦人服、ユニフォームにも対応します。

また例えば、スーツであれば、衿の形・ポケットの形・裏地の仕様など、様々なデザインバリエーションや、いかり肩やなで肩、反身や屈伸などの姿勢補正にも対応できます。

アイテムだけでなく、「デザインバリエーションを充実したい」や「姿勢補正にも対応したい」などのご要望がありましたら、ぜひご相談ください。

最後に、近年のオーダービジネスでは、最新技術の活用も注目されています。

例えば、最近、店頭の3Dボディスキャナーやスマホアプリを用いた人体寸法を計測できたり、パソコンやスマホで出来上がりイメージをCGで確認してそのまま注文もできるようになってきました。

東レACSは、このような最新技術との連携にも取り組んでおり、成果を上げています。様々な側面からお客様のオーダー事業をご支援いたします。

オーダーソリューションにご興味のあるお客様は、弊社営業グループまでお問い合わせください。

Web展示会についてのご意見・ご質問はこちら