Horus(ホルス)

【終了】近藤保氏によるThe Anatomy of Fashion design Vol.1『血と暴力が生み出したラグランスリーブとトレンチコート』(関西)

お申し込みは終了しました

開催日 2018年8月26(日) 13:30-17:00
名称 近藤保氏によるThe Anatomy of Fashion design Vol.1『血と暴力が生み出したラグランスリーブとトレンチコート』(関西)
会場 京都女子大学
京都市東山区今熊野北日吉町 35
会費 ¥3,000
※学生の方は半額(¥1,500(課税対象外))で参加いただけます。
※料金につきましては、同日に申し受けます。(個人名の領収書を発行いたします。)
講師 近藤 保
定員 40名
案内状

概要

セミナーでは150 年前のラグランスリーブとトレンチコートをドレーピングで再現しながら現代にいたるまでのデザイン変遷を解説します。当日はボディメーカーキイヤと近藤氏が共同で開発した世界標準ボディ「spur」のメンズとレディスボディを使用してセミナーを行います。

【内容】
・ギャバジン開発秘話
・ラグラン袖誕生の歴史、戦争とトレンチコートの関係
・ラグラン袖の長所と短所
・トレンチコート150 年間のパターン変遷(ドレーピングでの解説)
・新生バーバリーのデザイン解説

お問い合わせ先

Horus事務局(担当:久保)
TEL:03-6327-7013(東レACS)

アクセスマップ

JR・近鉄京都線「京都」駅、阪急京都線「河原町」駅、京阪本線「七条」駅

お申し込みは終了しました