東レACS Web展示会 Vol.1

  • クレアコンポ2
  • パターンマジック2 3D
  • サイフォームマジック
  • オーダーソリューション

東レACSが開催するWeb展示会にご来場いただきありがとうございます。
2018年度の第1回目は、2018年10月に開催されたFISMA東京のセミナーブースで行われましたプレゼンテーションの内容をご紹介いたします。

アパレルCAD クレアコンポⅡアパレルCADシステム CREACOMPOⅡ

進化し続けるアパレルCAD CREACOMPOⅡ

まずはじめに、当社の主力商品であります「アパレルCAD クレアコンポⅡ」のご紹介です。

「クレアコンポⅡ」はひとつ前の商品である「クレアコンポ」を進化させたものでクラウドやWindows10などの、新しいテクノロジーに対応しています。

お客様により実感していただけるのは、「以前より使いやすくなった」、「作業時間が短くなった」などの機能面での進化であると、考えています。

- クレアコンポからの進化!ここがポイント! -

「シンプルなメニュー配置」「リボン表示」で使いたい機能へスムーズにアクセスができます。

確定前でもパネルの結果がリアル表示されるのでUndoの回数が大幅に減らすこと可能に。

線作成・線修正機能が充実!ルーラー機能などの搭載で、微妙な線も表現可能になりました。

お客様のご要望により工業用パターン作成機能も搭載。例えば、芯地パーツ作成機能では日々の繰り返し作業が7割ほど自動化できます。

クレアコンポⅡ Ver.5 情報はこちら

パターンマジックⅡ3D3D バーチャルフィッティングソフト

設計工程の時間短縮に貢献する PatternMagicⅡ 3D

衣服の設計において、「パターンマジックⅡ3D」が有効な作業に、「トワル」があると考えています。

パタンナーの皆さん、「トワル」には何分かかっていますか?

- 「パターンマジックⅡ3D」で「トワル」を組む場合 -

着せ付けからダーツ作成までの作業時間を「トワル」と「デジタル・トワル」で比較してみました。

手作業でのトワル作成は、地直し、転写、裁断、着せ付け、といった工程で行われます。

デジタルトワル組み

デジタル・トワルでは、まず縫合線を設定し、ボディ上に型紙を配置します。

次に、型紙の中心線をボディに固定します。縫合処理を開始し、デジタル・トワルを作成します。

このように、簡単にデジタル・トワルが作成可能です。

続いて手作業でのダーツ作成です。位置決め、調整、ダーツ線作成、転写、といった工程で行われます。

デジタルトワルダーツ作成

デジタル・トワル上にダーツを設定します。

縫合処理後の形状を確認し、ダーツの設定を変更します。

再度形状を確認し、型紙に反映します。

こちらも簡単な作業でダーツ形状の確認と作成できました。

上記のような作業では、「トワル」は25分、「デジタル・トワル」は10分と作業時間が短縮されます。

ひと月10回分の「トワル」を、「デジタル・トワル」で行った場合、月に約4.2時間、年間約50時間の削減され、さらなる完成度向上に時間を割り当てることが可能です。

東レACSの3DCAD パターンマジックⅡ3Dは、他社製3Dソフトと比較し、パターンナー様が使うことを前提にしています。

衣服設計不要な「レンダリング」等の専門的な機能は搭載していないので、とても導入しやすい価格でお求めいただけます。

パターンマジックⅡ3D 情報はこちら

縫製仕様書システム サイフォームマジックアパレル向け帳票連携システム

アパレルの業務改善に貢献する XiForm Magic

帳票作成のスピードアップ!

サイフォーム マジックで縫製仕様書を作成すると、スピードが劇的にアップします。

なぜならサイフォーム マジックには、アパレルに特化した「作図ツール」の機能があるからです。

予め用意されているボディや部品図に加え、自分で作成した部品図も登録できます。

さらに、多くの飾り線を揃えていることや、スキャンした素材データの貼り付けも簡単です。

また、パターンマジックⅡと連携し、パターン図をサイフォーム マジックに取り込むことが可能です。

帳票間で連携で転記不要!

エクセルはとても便利なツールですが、別々のエクセルファイルを一度に修正するのは、苦手です。

そのため、ひとつの情報修正が、いろいろな帳票に関わるケースでは、修正・転記作業がそれぞれ発生してしまいます。

結果として、机の上が帳票であふれたり、似たようなエクセルファイルが、あちこちに存在しているのではないでしょうか?

サイフォーム マジックでは、関連する情報は、帳票間で連携することができます。

これにより、転記が不要になり、作業効率が格段にUPします。

さらに、データベースを使っていますので、異なる部署の帳票でも、連携すること可能です。

サイフォームマジック 情報はこちら

オーダーシステム東レACSのオーダーソリューション

オーダーソリューション

近年、日本のアパレル業界では、パーソナルオーダーが注目を集めています。

紳士服・カジュアルウェア・ニットウェアメーカーなど、様々な企業が、オーダーメイドに対応しています。

オーダーメイドにおける型紙の設計は、1件の受注ごとに発生します。

そのため、大量の受注を前提にしたビジネスモデルでは、設計工程の自動化が必要になります。

東レACSのオーダーソリューションは、貴社のデザインパターンやお客様の体型に合わせるための補正方法などに合わせて、最適な自動化のしくみを構築します。

また、特別な補正ルールをお持ちでない場合は、当社の標準ルールをご利用いただけますので円滑にオーダービジネスをスタートして頂けます。

個人向けのオーダービジネスは、今に始まったビジネスではありません。

東レACSでは、40年間のノウハウと新しい技術を組み合わせて、お客様のオーダービジネスをお手伝いします。

Web展示会についてのご意見・ご質問はこちら