3Dで大人サイズを子供サイズにしてみた

  • コラム

こんにちは!
今回は、コラボ企画第2弾!~3Dで大人サイズを子供サイズにしてみた~です。
(株)日本アパレルシステムサイエンスの中野さんにご協力いただいました!

中野さんのプロフィール

中野定寿(さだとし) さん
(株)日本アパレルシステムサイエンス
レディースパターンを担当

動画はコチラ

今回は前編、後編で作成してみました。コラムは分けておりません!

  • 前半サムネイル_コラム用.png
  • 後半サムネイル_コラム用.png

今回の見どころは?

子供ボディってどうやって使うの?

東レACSの3DCADでは子供ボディのような、実物で手に入れづらいボディでも、デジタル上で気軽に使える ことが特徴です。
2020年8月現在、ダウンロード可能なボディはコチラです。

ボディ名 種類
東レACSオリジナルボディ 東レACS_レディース人体_169cm
東レACS_メンズ人体_183cm
株式会社キイヤの子供ボディ DUET Children Full-Length_CF-3
DUET Children Full-Length_CF-5
株式会社アミコファッションズの婦人用ボディ Miss 10 1st Edition

ダウンロード方法

  1. 東レACSのダウンロードページにある3Dボディインポートデータから、ダウンロードしたボディを決める
  2. 「ダウンロード申し込み」をクリック
  3. 必要な情報を入力し、確認をクリック

インポート方法

  1. ダウンロードしたzipファイルを解凍
  2. 3D機能の「ボディのインポート・エクスポート」
  3. 操作パネル内の「インポート」を選択
  4. ダウンロードしたファイルを選択し、「開く」をクリック
  5. インポート先の企業名とブランド名を選択し、「インポート」をクリック

※企業名とブランド名は、予め、「管理」の「マスター設定」_「マスター管理」から企業を登録しておく必要があります。

ボディの使い方

  1. 3D画面左下にある「ボディの選択」をクリック
  2. 登録した企業フォルダ_ブランドフォルダをクリック
  3. 使用したいボディを選択し、「開く」をクリック

3D上でサイズ感の微調整をしてみると?

今回使用したデザインはコチラ!

デザイン.png

デザインのポイントは?

2015年秋冬向けに作成した、オーソドックスなブルゾンタイプ
ちょっとシュッとした細身のショートブルゾンで、色々なものに使えるデザイン

▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼

これを子供ボディ(CF-5 110㎝)にしていきます。
まず、子供ボディに大人サイズを着せ付けてみました~!!

子供_大人サイズを着装.png

でかい・・・(当たり前)

▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼

ここから、110cm用に大まかに寸法を決め、バストを基準にして等倍に縮小。
⇒寸法を計測し、着丈と袖を調節
⇒3Dボディに着せ付けしました!

子供着装画像_PK修正前.png

着丈など、サイズ感はいい感じ!
ですが、ポケットとタブが大きいのでは!?

▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼

と、いうことで3D画面上で目安を引いてみました。

型紙反映.png

PMプリフォーム機能の「線作成」を使用し、3D画面上に線を描きこみます。
青色の線が、書き込んだ線です。

線を型紙に反映したい場合、操作パネルの「型紙に反映」をクリック

▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼ ▼▼▼

修正後はこんな感じに。

サイズ感比較.png

「デジタルトワル(R)」完成!!

ポケットとタブのサイズ感はOKそう。

袖が少し太いかも?子供サイズなのでとりあえずOKに!

で、実際。実物トワルの代替として使えるの?

「デジタルトワル(R)」の評価と、実物トワルでの評価がどのくらい近いのか?について検証してみました!

実物ボディへの着せ付け.png

実物トワルでの評価

ポケットのサイズ感、バランス感良さそう
袖が気持ち太く感じる。

「デジタルトワル(R)」と同じ評価に!!

中野さんのコメント

"今回やりたかった内容、「3Dボディで如何に実際のトワルに近く作れるか」の検証ということでした。
結果として、ポケットのバランス感や袖の太い感じなどが如実に出ていたことが分かりました!"

"すごく良いなと思ったのは、子供ボディって手に入れるのが大変だけど、3Dだとすぐに手に入るところ。
無料でボディがダウンロードできるのは、推しポイント!!
実際にボディを持っていなくても、今回くらいの調整ができることが分かったので良かったなって思いました。"

結論!

  • 3Dは、大人サイズを子供サイズにするのに使える!
  • デジタルの子供ボディを使えば、サイズ感やバランス感が調整できる!

今回の撮影は、動画は前後半で15分くらいなんですが、実際の作業時間は1時間30分くらいでした(パターン作成、着せ付け、着装評価含む)。

皆さんもぜひ使ってみてください!
それでは~

今回動画にご協力いただいたのは...

パタンナー 中野定寿 様
会社名 株式会社 日本アパレルシステムサイエンス
企業URL http://www.jassnet.co.jp/
パターンカタログはコチラ https://www.jasspattern.com/