プレスリリース


サポートビジネス FISMA TOKYO 繊研新聞掲載

2017年9月7日 繊研新聞掲載

東レACS 「セミ・オーダーソリューション」 事例を交えて紹介

 東レACSは、アパレルCAD「クレアコンポⅡ」バージョン4、来春リリースするクラウド型簡易型仕様書サービス、CADと仕様書システムを組み合わせた「セミ・オーダーソリューション」などを紹介する。
 クレアコンポⅡの3D機能は「デザイナーとパタンナーのコミュニケーションツール」として提案していることが特徴で、今回は専門学校に導入されテキスト化された、直感的な操作による「立体から平面への変換」も紹介し体験してもらう。また、「クレアコンポⅡ」の機能充実、ユーザーインターフェース改善による大幅な業務効率化を改めて訴求する。
 クラウド型簡易型仕様書サービスはクレアコンポⅡのパターンメーキングの画面から、そのデータを使って簡単に仕様書を作成できる。カスタマイズはせず、企業のスタイルに合わせたレイアウトを選ぶ形式で簡単に業務効率化ができる。CADに付属するデータ共有ツールの位置づけ。ブースではベータ版を体験できる。
 大阪・東北のミシンショーで紹介し複数のプロジェクトが進行中のセミ・オーダーソリューションは高い関心を集めている。CADのグレーディングなどの機能に自動処理を組み合わせ、採寸から伝票発行までを効率化し顧客管理をパワーアップするソリューションと、3D測定データを利用するソリューションを事例を交えて提案する。