プレスリリース


新アパレルCAD ”クレアコンポ®Ⅱ”Version4をリリース

2016年4月3日

東レACS株式会社



新アパレルCAD “クレアコンポ®Ⅱ”Version4をリリース

~3D機能はデザイン表現力が大幅に向上~


 東レACS株式会社(本社:東京都港区、社長:多田明博、以下東レACS)はこのたび、アパレルCADソフト”クレアコンポ®Ⅱ”Version4(以下クレアコンポⅡv4)をリリースします。

 クレアコンポⅡv4の特徴は、「線」を直観的に操作ができる新しいメニューを追加し、また、お客様からの意見を反映した操作性や機能も改善しました。更に、オプションの3D機能でデザイン表現力を強化し、デジタルトワル™*1でトレンドデザインの90%が再現できました。

*1:デジタルトワル™とは、弊社が提供するITによるトワルチェックの支援ツールです

 クレアコンポⅡv4リリースに伴い、3D機能の操作方法を学べる開講済の基本トレーニング「3D基礎」に加えて、本年度後半より現場で活用いただける様に数多くの服種に対応できる3D活用の応用トレーニング講座も準備中です。

“クレアコンポⅡv4″は、クレアコンポ・データの上位互換性を確保しており、お客様の保存しているデータはそのまま使用することが出来ます。今後も、お客様のクレアコンポ・データを安心して活用できる環境を用意していきます。


1. 商品名

”クレアコンポ®Ⅱ”Version4

英語表記:CREACOMPO®ⅡVersion4

2. リリース日:2017年4月10日

3. 商品特長

  • (1)直観的に線が引ける「線(ペン描き)」機能を追加
  • (2)線の変形も直観的に操作できる「ノブ・ノード」機能に改善
  • (3)「DXFファイル」を読込時、「縫い代情報の自動作成」機能を追加
  • (4)ノッチやドリルホールを全サイズ同時作成できる「全サイズモード」を追加
  • (5)「キャンバスタブ」のコントロールメニューを増やしました
  • (6)オプションの3D機能のデザイン表現力が向上し、トレンドデザインの90%が再現できたので、多くの服種で「デジタルトワル™」を用いたデザインチェックが可能
  • (7)オプションとして「(仮称)クラウド型仕様書システム」を本年度下期にリリース予定

弊社お問合せ窓口:本店(東京) 営業部 03-6327-7001